ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル

HOME > Cyclic-di-GMP


ROKEPIE紹介ページはこちら


TROPIQ紹介ページはこちら

生体分子精製磁気ビーズ ディスカウントキャンペーン実施中!

in vivo用高品質抗体

細胞冷蔵液Rokepie 無償サンプル配布中!

Biotinylated Proteins

取扱メーカーリスト

SINO BIOLOGICAL社 生科学関連製品リスト

株式会社 東京未来スタイル
(Tokyo Future Style, Inc.)

〒305-0047
茨城県つくば市千現2−1−6
つくば研究支援センター A-13

TEL:029-851-9222
FAX:029-851-9220
info@tokyofuturestyle.com

お問い合わせはこちら

Cyclic-di-GMP

新規化学合成法により合成されたCyclic-di-GMP
〜安定的かつリーズナブルな価格での提供〜

製造元:株式会社藤本分子化学
販売元:株式会社東京未来スタイル

Cyclic-di-GMPとは

Cyclic-di-GMP(cyclic diguanosine monophosphate / cyclic bis (3’->5’) diguanylic acid、以下c-di-GMP)はセルロースの生合成を調節する物質として発見された機能性ヌクレオチドです。また近年、ペスト菌・サルモレラ菌・黄色ブドウ球菌などの病原体や、MRSAやPRSPといった抗生物質耐性菌のバイオフィルム形成を抑制する機能を持つことが示唆されてきました。バイオフィルムとは、病原体がコロニー化した状態で、病原体はバイオフィルムを形成することにより、耐薬剤性を強化し、感染力を高めます。したがって、バイオフィルム形成を抑制するc-di-GMPに新たな医薬品の候補として注目が集まっています。また、c-di-GMPはがん細胞の増殖抑制に関わるCD4の量を増加させる機能を持つことが明らかにされています。

新規化学合成法によるc-di-GMP合成の成功およびc-di-GMPの販売開始

東京未来スタイルは、新規の完全化学合成によって製造されたc-di-GMPの販売を開始致します(製造元、藤本分子化学)。c-di-GMPは微量成分であるため天然から精製することは非常に困難です。また、現在までに酵素法や化学法を用いてc-di-GMPの合成が試みられてきましたが、十分な量の合成を行うことはできませんでした。今回藤本分子化学は、新しい合成手法を用いることにより、一度の合成でグラムスケールでの製造が可能となりました。この合成法により、より安定的により安価にc-di-GMPを供給することが可能になりました。

→ 商品リスト

各商品の価格のお問合せ、使用説明書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
アドレス
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220
  • Back
  • PageTop
 

ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル