ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル

HOME > Fina Biosolutions社


ROKEPIE紹介ページはこちら


TROPIQ紹介ページはこちら

in vivo用高品質抗体

細胞冷蔵液Rokepie 無償サンプル配布中!

Biotinylated Proteins

取扱メーカーリスト

SINO BIOLOGICAL社 生科学関連製品リスト

株式会社 東京未来スタイル
(Tokyo Future Style, Inc.)

〒305-0047
茨城県つくば市千現2−1−6
つくば研究支援センター A-13

TEL:029-851-9222
FAX:029-851-9220
info@tokyofuturestyle.com

お問い合わせはこちら

Fina Biosolutions社

Fina Biosolutions社とは
Fina Biosolutions社(米国)は同社のbioconjugation技術にもとづく様々なユニークで新規性の高い製品を製造しています。例えば、大豆ペルオキシダーゼをコンジュゲートした抗体やデキストランと免疫グロブリンのコンジュゲートなどです。東京未来スタイルでは、これらの製品の国内販売を致しております。

受託合成も受け付けております。

 

Amino-Dextrans (Amdex)

Fina Biosolutions社のAmdex (Amino dextran, AECM dextran)は安定的なアミノ化されたデキストランを用いたプロトコルにより作製されています。分子排斥クロマトグラフィーを用いた解析により、分子量は一定に保たれています。また、フリーのアミノ酸が含まれていないことを詳細に確認しております。これらの工程により、ロット間の品質の差を最小限に保っています。

製品は、ロットごとに分子量分布および含有アミノ酸をamines/polymerとして評価されています。 カスタムオーダーも承っております。

商品容量は、100 mg・200 mg・500 mgです。価格は御照会下さい。

カタログNo. Amines/70 kDa dextran
AD70x15 15
AD70x25 25
AD70x35 35
AD70x55 55

Amino-Dextrans (Amdex)

図、分子排斥クロマトグラファーの結果

 

Mono Amino Dextrans (mAmDex)

Fina BiosulutionsのmAmDexは同社のAmdexと同様のプロトコルで作製されています。分子排斥クロマトグラフィーを用いた解析により、分子量は一定に保たれています。また、フリーのアミノ酸が含まれていないことを詳細に確認しております。これらの工程により、ロット間の品質の差を最小限に保っています。

製品は、ロットごとに分子量分布および含有アミノ酸をamines/polymerとして評価されています。

mAmDExはポリマーの端に一種類のアミノ酸を付加されています。PEGのように、タンパク質の半減期の向上、免疫原性の減少および不動態化等にご利用いただけます。 Mono-Carboxyl dextranや分子量のカスタムオーダーも承っております。

商品容量は、100 mg・200 mg・500 mgです。価格は御照会下さい。

カタログNo. NH2/6 kDa dextran
mAD06x01 1

Mono Amino Dextrans (mAmDex)

図、Mono-amino dextranおよびMono-carboxyl dextran

 

Amino-Ficoll

T細胞非依存的キャリア(TI carrier)として、Ficollとハプテンのカップリングは初期の免疫記憶に寄与していることが示されています。Fina Biosolutions社のプロトコルは安定した第一級アミングループを産出します。また、アミン/ポリマー比を正確にコントロールし、過剰なアミンを取り除いております。
Carboxyl-Ficollやカスタムオーダーも承っております。

商品容量は、100 mg・200 mg・500 mgです。価格は御照会下さい。

カタログNo. Amines/400 kDa Ficoll
Afic-400x100 100
Afic-400x150 150
Afic-400x300 300
 

TNP-Ficoll

本製品は、B細胞性リンパ球活性の研究において、Ficollにコンジュゲートする際、T細胞非依存的抗原としてご利用できます。2,4,6-Trinitrophenol (TNP)の吸光度は330-430 nmでそのピークは348 nmと415 nmです。モル吸光係数は10,000-15,000/M・cmです。
カスタムオーダーも承っております。

商品容量は、10 mg・50 mg・100 mgです。価格は御照会下さい。

カタログNo. TNP/400 kDa Ficoll
TNP-Ficoll low ratio 90
TNP-Ficoll high ratio 180

TNP-Ficoll high ratio

図1、多糖類にコンジュゲートされたTNPの構造 / 図2、0.2 ㎎/㎖のTNP-Ficoll400x180の波長

 

TNP20-BSA

本製品はTNP-Ficollと共に抗TNP血清を用いた免疫系の研究等にご利用いただけます。2,4,6-Trinitrophenol (TNP)の吸光度は330-430 nmでそのピークは348 nmと415 nmです。モル吸光係数は10,000-15,000/M・cmです。
Bovine Serum Albumin (BSA) Fraction Vは66.5 kDaのタンパク質で、ELISA、IHC、immunoblot等に広く利用されています。BSAの吸光係数は280 nmで44,000/M・cmです。 カスタムオーダーも承っております。

商品容量は、10 mg・50 mg・100 mgです。価格は御照会下さい。

カタログNo. TNP/BSA
TNP20-BSA 20

TNP20-BSA

図1、BSAにコンジュゲートされたTNPの構造 / 図2、TNP20-BSAの波長

 

Anti-Ig Dextran Conjugates

FinaBio#0001 Anti-IgD dextran (mouse) 10 ug/vial
FinaBio#0002 Anti-IgD dextran (human) 10 ug/via
FinaBio#0003 Anti-IgM dextran (mouse) 10 ug/vial
FinaBio#0004 Anti-igM dextran (human) 10 ug/vial

B細胞上のIgDと抗IgD抗体の結合は、B細胞の増殖をug/mlのオーダーで誘発します。
一方、Dextran-anti-IgD antibodies (alpha-delta-dex)を用いた場合のB細胞の増殖はng/mlのオーダーです。また、alpha-delta-dexにはB細胞の機能を研究する上で、通常の抗IgD抗体に比べ多くの優位性があります。(J. Immunol 157:2229, 1996)

商品の容量および価格は御照会ください。

Anti-Ig Dextran Conjugates

図、B細胞活性化のマーカーとしての3Hチミジンの取込み

参考文献

J. Immunol. 140:3364, 1988. M. Brunswick et al.
J. Immunol. 157: 2229, 1996. C. M. Snapper and J. J. Mond.

 

PolyHRP Immunoassay Conjugates

抗体は過免疫されたヤギの血清からアフィニティー精製されています。HRPは適切な方法により重合しており、その後、免疫グロブリンに共有結合しています。免疫系の実験にご利用いただけます。

商品容量は、100 ul・500 ul・1mlです。価格は御照会下さい。

カタログNo. 商品名 形態 濃度
01-01-05. PolyHRP Streptavidin liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
01-02-05. PolyHRP Goat-anti-Mouse IgG (H+L) liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
01-03-05. PolyHRP Goat-anti-Rabbit IgG (H+L) liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
01-04-05. PolyHRP Goat-anti-Human IgG (H+L) MSA liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
 

SBP-XP Immunoassay Conjugates

大豆由来のペルオキシダーゼは免疫系の実験においては、新しい商品でありHRPと互換性があります。SBPはヘムグループに対してHRPより強固に結合するので、HRPと比較して熱安定性に優れています。約75℃までその活性を維持し、また、広範囲のpHでご利用いただけます。更にケミルミネッセンスにおいて、”flash”ではなく”glow”な発光を呈するので、基質添加から2時間後でも結果をよむことが出来ます。
 抗体は過免疫されたヤギの血清からアフィニティー精製されています。SBPは適切な方法により重合しており、その後、免疫グロブリンに共有結合しています。免疫系の実験にご利用いただけます。

商品容量は、100 ul・500 ul・1mlです。価格は御照会下さい。

カタログNo. 商品名 形態 濃度
02-01-05. SBP-XP Streptavidin liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
02-01-05. SBP-XP Goat-anti-Mouse IgG (H+L) liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
02-01-05. SBP-XP Goat-anti-Rabbit IgG (H+L) liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖
02-01-05. SBP-XP Goat-anti-Human IgG (H+L) MSA liquid with Stabilizer 0.5 ㎎/㎖

SBP-XP  Immunoassay Conjugates

図1、SBP-XPの熱安定性について

 
各商品の価格のお問合せ、使用説明書のご依頼、その他のお問い合わせは下記までお願いします。
【商品取扱元】株式会社 東京未来スタイル
アドレス
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220
  • Back
  • PageTop
 

ライフサイエンスの発展に貢献する未来志向の貿易商社|グローバル・マーケティング|東京未来スタイル